【YOASOBI】「夜に駆ける」を上手く歌うコツ【基礎編】

歌い方マニュアル

こんにちは。あやねです!

この記事では、ヨアソビの「夜に駆ける」を歌うコツについてお話しします。

今回は、1番のみに絞って解説します。

この記事は基礎編ですので、基礎編がマスターできた方のために【マスター編】もご用意しております。

まずは基礎をマスターすることをおすすめします!

またこの記事の内容をYouTubeにもアップしています。

YouTube動画のリンクはこの記事の最後のほうに貼っておきました。

記事の内容に入る前に簡単に私の歌に関する経歴をお話しさせていただきます。

ご覧にならない方は下のもくじから記事の内容に飛んでいただいても結構です(^^)

私の歌に関する経歴

現在大学で声楽を専門的に学んでいて、演奏会では、ドイツ語やイタリア語、日本語などの歌曲やオペラ作品などを歌います。

大学のカリキュラムより、小学校と中学校の音楽科の教員免許を取得予定です!

また、結婚式のチャペルで聖歌隊としてお客様に祝福の歌をお届けするお仕事をしています。

そして、カラオケでは有名なJポップの曲で何曲か100点をとることができます。

夜に駆けるの歌い方のコツ

はじめにネタバレになってしまいますが、このように歌うとこの曲を上手に歌うことができるという「歌い方マニュアル」をお見せします。

後で詳しく解説するので、こんな感じだというのがなんとなくわかれば、スクロールしていっていただいて大丈夫です!

歌い方マニュアル

【イントロ】

沈むように  溶けてゆくように
しずむよをにとけてゆぅくよおにぃーー

二人  だけの空が   ひろがる
ふたりだけのそらがひろがる 
夜に
ぃーー

【Aメロ】

「さよなら」 だけだった
さよら だけだった。
そのひとことですべてがわかった
そのひとことですべてがわかった。
日が沈み  だした 空と
ひがしずみだした
きみの すがた
みのす
フェンスごしに  かさなっていた
フェンスごにかさなって

はじめて会った日から
はじめてあったひか
僕の 心の  すべてを奪った
ぼくのこころのすべてをうばった。
どこか儚い  空気を
どこかはかないくう
纏う  きみは
とうき
寂しい   目を  してたんだ
さみしいを してたんだ

【Bメロ】

いつだって チックタックと
いつだってチックタックと
鳴る世界で  何度だってさ
なるせかいでなんどだってさ
触れる心ない   言葉 うるさい声に
ふれるこころないことばうるさいこえに
涙が    こぼれそうでも
なみだが これそでも
ありきたりな 喜びきっと
ありきたりなよろこびきっと
二人なら  見つけられる
ふたりならみつけら

【サビ】

騒がしい日々に笑えないきみに
さわがにわらえないき
思いつく  限り  眩しい  明日を
もいつくかぎりまぶしいあ
明けない  夜に   落ちてゆく  前に
あけない よるに おちてくまえに
僕の 手を掴んで ほら
ぼくのてをつかんでほら
忘れて しまいたくて
わすれてしんまいたうて
閉じ込めた 日々も
とじこめたひいも
抱きしめた ぬくもりで 溶かすから
だきしめたぬくもりでとかす
怖くないよ いつか日が昇る  まで
こわくないよいつかひがのぼっるまで
二人で   いよう
たりで いよお

この曲について

この曲は結構速いので、テンポ感が非常に重要な曲となっています。

まずはテンポに遅れないようにかといって走りすぎないように注意しましょう。

ちなみに、男性キーは+5(キー下げ-7)がおすすめです!

この曲を上手に歌うために注目すべきポイント

この曲を歌う上で次の3つのポイントに注目します。

  • 場面ごとに歌い方を変える
  • 言葉の間に「ん」「っ」を入れる
  • 音を伸ばすと切るのメリハリ

これらを詳しく解説していきます。

場面ごとに歌い方を変える

イントロ、Aメロ、Bメロ、サビ、それぞれの場面をどのようなイメージで歌うかお話しします。

イントロ

しっとりと歌います。

「ように」を「よをに」とか「よおに」と歌うとよりしっとり感がでます!

また、「ようにー」「夜にー」と最後はきちんと伸ばしましょう。

他にこんなかんじで音を伸ばすところはないのでここでしっかり魅せましょう!

Aメロ

淡々と歌います。

正確な音程でもたもたしないように、流れるように歌詞を淡々と歌うのがポイントです。

「さよならだけだった。」
「その一言で全てが分かった。」

と最後に「。」をつけるイメージで歌うのがコツです!

Bメロ

弾むように前に前にというイメージで歌います。

次がサビなのでサビで盛り上げれるようにここでバイブスを上げていきましょう(^^)

サビ

訴えかけるように元気にというイメージです。

全体的に盛り上がりますが、最後の「2人でいよう」の「いよう」は少しボリュームを下げて歌いましょう。

充分に盛り上げてから最後に少し変化を加えることでいい感じに締まります(^^)

歌の物語を感じて

どの歌にも物語があります。

歌詞を参考に、「この場面は歌の物語の中でどのような役割を果たすのか。」というところに着目すると、どのように歌うといいかがわかります!

終始しっとりした感じだと全体的に重い歌に聴こえてしまいますし、ずっとサビぐらいのバイブスで元気に歌ってると、体力がもたないので、変化は必ず必要になります。

聴く側にどんな捉え方をされるかというのを意識して歌ってみてください!

変化がないと歌う側も聴く側も飽きてしまいますから…(涙)

言葉の間に「ん」「っ」を入れる

これはYOASOBIのいくらさんが歌っているのを実際に聴いてみると分かると思います!

例えば、歌い出しの「しずむようにとけてゆくように」だと、「しずむよをにとけてゆくよおに」というように「ん」と「っ」を入れます。

「ん」と「っ」を入れずに歌うと、歌詞が流れてしまうような感じになって、この曲の良さが引き立ちません。

「ん」と「っ」を入れて歌ってみると一段とそれっぽくなります!

特にサビは「ん」「っ」が頻繁に入ってくるので忙しいです(^^)

「っ」は強調しすぎず自然に入れるのがポイントです。

音を伸ばすと切るのメリハリ

「に」「か」のように、母音を伸ばすところがありますが、それがないところは伸ばさず言い切るのがポイントです。

例えば、「フェンスごしにかさなっていた

ここは最後に少し伸ばしますが、

「ぼくのこころのすべてをうばった」

ここは最後に伸ばしません。

「た」や「に」と書かれているところ以外は、伸ばさず言い切るのがこの曲を歌うときのコツです。

このような歌い方をすることで、速い曲でもゆったり感を感じさせず、テンポよく歌うことができます。

ちなみに「ぉお」「ぇえ」のように小さい文字が先にきているところは、「ぉ⤴」「ぇ⤴」という感じですくいあげるイメージで歌ってみてください。

✔️おまけ

注意するべき音程がいくつがあるのでご紹介します。

「そのひとことですべてがわかった」
→少し音程が複雑なので注意しましょう。

「ぼくのこころのすべてをうばった」
→1回目の音程と違うので注意しましょう。

「はじめてあったひから」
→この歌い出しの「は」の音程には注意してください。

Bメロのはじめ
→ここはリズムも速く、音程も複雑なので注意しましょう。

これらの音程は何度も聴いてマネしながら練習して、正確な音程をマスターしましょう。

最後に

この記事では、ヨアソビの夜に駆けるを上手に歌うコツについてお話ししました。

○場面ごとに歌い方を変える
○言葉の間に「ん」「っ」を入れる
○音を伸ばすと切るのメリハリ

これらのポイントに注目して、「歌い方マニュアル」を見ながら原曲を聴いてみましょう。

この「歌い方マニュアル」をマスターするには、何度も練習することが大切です。

また、ここからさらにレベルアップしたいという方は、こちらの【マスター編】の記事から、より高度な歌い方についての解説をみることができます。

【マスター編】では、声の抑揚のつけ方やカラオケの加点対象となるテクニック、発声の仕方などを詳しく解説しています。

【基礎編】がマスターできた方は、ぜひそちらにも挑戦してみてください♪

この記事の動画版はこちらです👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました